スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イケルシニバナ

2008年11月20日 23:50

仕事から帰ってきた鯛ちゃんが車に霙が積もってた!
って言ってたのを「まさか~」と信じてなかった私。
ところが、朝起きたら外には雪が~!!!
今年は冬の訪れが早かったようで・・・。
鯛ちゃんを疑ってしまったことをちょっと反省した私です~(´▽`*)アハ

で、この前置きとは何の関係もなく、最近観た映画のお話。


イケルシニバナイケルシニバナ
(2006/04/28)
深水元基戸田昌宏

商品詳細を見る


今回のお話の主人公はニートの青年です。
親から送ってもらう仕送りで一人暮らしをするニート青年。

殆ど部屋から出ることは無く、一日中ゲームをして過ごし、
お腹が減ったら宅配ピザを食べる。

かかってくる親からの電話は右から左へ受け流し~(ふ、古っ!)
心境としてはウザイのか切ないのか、若しくは両方なのか~。

ある日久々に訪れた渋谷の街でカワイイ女の子が配っているティッシュを何気に貰います。
アクセスしたHPには、「あなたもハマる! リアルゲーム!!  ゲームは無料 賞金50万円」
ゲームは好きだし、得意だし、これは参加するっきゃないっしょ!

しか~し!張り切って参加したゲームは正解しないと帰れない死のゲームだったのです~。


町外れの広大な私有地の中、お屋敷で行われるそのゲーム。
紙芝居のようなルール説明や毒の入った大福。
制限時間を告げる為パタパタと回る時計の乾いた音。
目隠しで狐面の人々に連れられ移動する暗い屋敷内。
幕が開かれほんの数分意味不明にしか思えない出題を演じる不思議な人々。
他の回答者たちとの人間模様?


絵的に黒と赤のコントラストがキレイです。
閉鎖された空間の中での謎解きと迫る死への恐怖。
和を連想させる小物達も一つ一つが可愛くてとても凝ったつくりでした。

ジャンル分けするとしたら・・・。
う~ん「ビジュアルミステリー」でしょうか?
最もそんなジャンルがあるのどうかわかりませんが~(笑)

只、途中でオチがわかっちゃったのでもう少しヒントを控えても良かったかな~
とは思いましたが。


私はこの作品の監督さんとか全然知らなかったのですが、表紙になっている
真ん中の可愛い女の子が監督さんなんですね!

監督さんって何年も助監督やって、監督になる頃にはおじさんってイメージでしたが、
才能さえあれば年齢なんて関係ないんですね~。
若くて才能もあって可愛いなんて、羨ましいっス!

そう言えば最後にテロップを見ていたら、何と「御茶漬海苔さん」の名前が!
調べてみたら、そう、あのホラー漫画家の「御茶漬海苔さん」でした~。
ずっと女の方だと思っていたら男の方だったんですね~。
ラストの方で確かに他の俳優さんとはちょっと違った感じの方がいらっしゃいましたが、
どうやらあの方だったようです。
思わぬ発見でちと嬉しい (* ̄ω ̄)v ♪


結局、このお話の答えって『ウソ』で良かったんでしょうか?
わかった方、誰か教えて下され~。

スポンサーサイト

2008年 夏ドラマ → 秋の新ドラマ

2008年10月15日 00:10

ここ最近「○月になりました」と「ドラマ」でしか更新してないですね、私・・・。
ドラマが次の回になるってことはワンクール分更新してなかったのか!と実感です(笑)

夏ドラマは前回「嵌り中」だった3つがそのまま最終までブッチギリでした(・∀・)!!

1位 魔王

2位 33分探偵

3位 白と黒


特に1位の魔王は本当に嵌って、嵌って(笑)
今まで大野くんって嵐の中でも存在感が薄いイメージでしたが、このドラマからあっけなく大野くんファンになってしまいました~(*´∇`*)
キャストも素晴らしかったけど、最も素晴らしいのはこのお話ですね!

罪は法で裁けるのか?
罪は償いきることができるのか?
人は更正できるのか?
更正したら犯した罪は消えるのか?
加害者の苦しみ。
被害者の苦しみ。
悲しい事件は何年経っても消えることなく多くの人々の心を苦しめ続ける・・・。

重く深いテーマで番組が終わった後もすごく考えさせられました。


その次が33分探偵ってのも、一気にゆるゆるですなぁ・・・なのですが(笑)
このゆるゆる具合、深夜枠ってこともあってすっかり虜です。
5分で終わる簡単な事件を無理矢理33分もたせる。
この強引な設定と在り得ないゆるさっぷりで、なんやかんや毎回事件は一件落着。
個人的には情報屋の小島よしおさんのあまりの博識(?)ぶりに惚れてしまいそうです(笑)
終わらないで、ず~っとこの時間に放送してて欲しいのになぁ~(=´∇`=)


で、今回の3位には珍しく昼ドラの白と黒が!
人を白と黒に分けるとしたら、善人は白で悪人は黒。
でも、人はそんなに単純ではなく白だけの人間も黒だけの人間も存在しないのではないでしょうか?
誰もが内に白と黒を含んでおり、それらが混ざりあってその人自身を作り上げる。
ひたすら白であろうとする兄と、純粋に自分の黒を見つめ続ける弟の素敵なお話でした~。
って、こんなにこのお話に嵌ったのは一重に弟役の佐藤智仁さんがメッチャ素敵だからでしょう(*´∇`*)
一見すると品川庄司の庄司智春さんにも見えるのですが、とにかくカッコイイのです~♪
悪くても悪くてもどこか魅かれてしまう、そんなナイスな弟さんでした!




それでは既に始まってますが2008年の秋ドラマです!
[2008年 夏ドラマ → 秋の新ドラマ]の続きを読む

2008年 春ドラマ → 夏の新ドラマ

2008年08月21日 23:10

7月の下旬から始まっている『夏の新ドラマ』達。
既に折り返しを迎えたものもあり今更感はありますが、一応自分の記録の為にも前ドラマの感想と次ドラマのチェックをUPです!

春ドラマが終わったのがかなり前なので、自分でも感想が薄れてきている~Σ(´Д`;)
でも、頑張って老化進行中の脳味噌フル回転で思い出しまする~(笑)


では、ベスト3制で!(笑)

1位 ラストフレンズ

1位 絶対彼氏(同着)

3位 女帝


ラストフレンズと絶対彼氏はどちらが1位って選べなかったので、同着の1位にしてみました。

もともと見ようと思っていた「絶対彼氏」
ロボットは彼氏に成り得るのか→成り得る訳ないじゃん
って思ってたけど・・・。
健気で純粋で絶対に裏切らない理想の彼氏に番組終わる頃にはゾッコンです(笑)
ロボット役の速水もこみち君も超はまり役だった~(*´∇`*)♡

そして、最初から含みと言うか・・・様々に交差する人間関係が織り成す愛憎劇(ナンノコッチャ?)
「ラストフラレンズ」は終わった直後から毎回次週が気になって仕方なかった。
お洒落で楽しいシェアハウスに住んでて、若いときに自由を思いっきり謳歌してるようにも見えるのに、実は心の奥底にはザックリと深い傷を隠しているような痛々しさに毎回涙しましたよ~(´_`。)
ただ、毎週毎週すっごく楽しみにしていただけにあのラストはちょっと残念。
もっと他に終わり方があったんじゃないの~ヽ(≧Д≦)ノ
と愚痴っちゃいたくなりますよん。

最後に何故か3位に「女帝」
自分を見下す男達を「今度は私が見下しちゃるけんっ!」と夜の世界で女帝を目指す女の子の物語。
かな~り前の深夜ドラマで、私の地方では放送されていないものが1年位経って再放送されたものです。
が、これに異常に嵌りまして・・・。
あまりの嵌り具合に3位に入れてしまいました~(´▽`*)アハ

ここでちょこっと残念だったのが「ルーキーズ」!
原作を読んでいてあんまり好きじゃなかったので見なかったんだけど、面白かったらしい(・∀・)!!
ビバ!ちゃまのブログを見て「見ときゃ良かった~Σ(´Д`;)」と後悔ざんす~。
[2008年 春ドラマ → 夏の新ドラマ]の続きを読む

2008年 春の新ドラマ + 前ドラマ感想

2008年04月04日 16:10

冬のドラマが終わって、新しく春の新ドラマが始まりました!

感想と共に前回ドラマを振り返り、新しく始まるドラマのチェックをして見ましょう~ヽ(。ゝω・)ノ


前回ドラマは最初に想像していた通り、面白いのがたくさんありすぎて大変でした(>_<)
その中であえてベスト3をあげてみました!

1位 薔薇のない花屋

2位 鹿男あおによし

3位 明日の喜多善男

薔薇のないは毎回ドキドキして見れるストーリー展開と、登場人物!
特に竹内結子さんがとっても綺麗で~(*´∇`*)
エンディングのタイトルバックの映像が雪と同化しそうな儚さと美しさ!
毎回見とれてしまいました!
慎吾ちゃんも弾けた役より絶対こ~ゆう役の方がイイと思う!
あの痛々しいような笑顔に、あう~っと(笑)

鹿男は玉木様も出られるとのことで注目していましたが、ソレ無しにしても面白い!
友達は鹿が喋るのについていけなくなって見なくなったと言ってましたが、私には鹿が喋るところがツボだったようです(笑)
雌鹿なのに何故おっさん喋りなんだ~!!っと突っ込みながらも最終的には鹿にゾッコンでした(笑)
なので奈良は今私にとってとっても熱いスポットなのです!
あ~、奈良に行って私もMy鹿見つけたい~!!(笑)

明日のは裏がボンビーメンでどちらを見るべきか迷ったのですが、明日のの方が放送が早かったんですよね~。
1話目を見たら、どうしても続きが見たくなって・・・。
でも、毎回展開が面白くってのめり込んで見てました~。



*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***


では、2008年 春の新ドラマです!

今回見たいと思ってるのは、、、
とりあえずキムタクのCHANGEと、渡瀬さんの絶対彼氏、とあともう1個くらいです。
あっ! でも渡る世間ははずせないので・・・ウムムムム~(笑)

キムタクドラマはいつもあんまり見ないんだけど、今回は面白そうなので一応1回目を見てから!
絶対彼氏はイケメンがいっぱい出そうなので(笑)
最近ドラマ見すぎなのでちょっと控えようと思ってたのに、どれを控えていいのかわからないのですわはははは~~~ (;´▽`A``


・CHANGE
(月曜日21:00~フジテレビ系) 2008年4月スタート
http://wwwz.fujitv.co.jp/change/index.html

・絶対彼氏
(火曜日21:00~フジテレビ系) 2008年4月8日スタート
http://wwwz.fujitv.co.jp/ZK/index.html
原作:渡瀬悠宇


・無理な恋愛
(火曜日22:00~フジテレビ系) 2008年4月8日スタート
http://www.ktv.co.jp/muri/index.html

・おせん
(火曜日22:00~日本テレビ系) 2008年4月22日スタート
http://www.ntv.co.jp/osen/
原作:きくち正太


・警視庁捜査一課9係 season3
(水曜日21:00~テレビ朝日系) 2008年4月16日スタート
http://www.tv-asahi.co.jp/9gakari/

・ホカベン
(水曜日22:00~日本テレビ系) 2008年4月16日スタート
http://www.ntv.co.jp/hokaben/
原作:中嶋博行、カワラニサイ


・7人の女弁護士
(木曜日21:00~テレビ朝日系) 2008年4月10日スタート
http://www.tv-asahi.co.jp/7nin/

・渡る世間は鬼ばかり(パート9)
(木曜日22:00~TBS系) 2008年4月3日スタート
http://www.tbs.co.jp/oni/

・ラスト・フレンズ
(木曜日22:00~フジテレビ系) 2008年4月10日スタート
http://wwwz.fujitv.co.jp/lastfriends/index.html

・パズル
(金曜日21:00~テレビ朝日系) 2008年4月18日スタート
http://puzzle.asahi.co.jp/

・Around40
(金曜日22:00~TBS系) 2008年4月11日スタート
http://www.tbs.co.jp/around40/

・キミ犯人じゃないよね?
(金曜日23:15~テレビ朝日系) 2008年4月11日スタート
http://www.tv-asahi.co.jp/kimihan/

・秘書のカガミ
(金曜日24:12~テレビ東京系) 2008年4月11日スタート
http://www.tv-tokyo.co.jp/hisyo/
原作:堀戸けい
http://www.nihonbungeisha.co.jp/hisho/muryou/index.html

・ROOKIES (ルーキーズ)
(土曜日20:00~TBS系) 2008年4月19日スタート
http://www.tbs.co.jp/rookies08/
原作:森田まさのり


・ごくせん 第3シリーズ
(土曜日21:00~日本テレビ系) 2008年4月19日スタート
http://www.ntv.co.jp/gokusen/

・猟奇的な彼女(日曜日21:00~TBS系) 2008年4月20日スタート
http://www.tbs.co.jp/ryokiteki/

ONE PIECE エピソードオブチョッパー+ -冬に咲く、奇跡の桜-

2008年03月24日 23:50

20080324 OP


春と言えば、ワンピース映画の季節です!
で、今年も恒例ワンピ仲間の藤娘ちゃんと行って来ました~♪

去年は先着プレゼントの為に公開してすぐに観にいきましたが、今年は藤娘ちゃんとの予定が合わず先日の20日にやっと行くことができました。

20080324 OPチケット  20080324 OPステッカー


プレゼントのステッカー(20日から新柄)とキャラバットバルーンも無事貰うことが出来ましたよ~。
今回も勿論購入済みだった前売り券、そして劇場で100円として使うことができる前売り券についていた100ベリーは一応持っては行ったもののやっぱり勿体無くて使用できずでした(笑

20080324 OPキャラベリー



前回のエピソードオブアラバスタがあったので、今回の映画はチョッパー編のリメイク?なんだな。
と言うことの想像がついていました。

航海の途中、原因不明の高熱に苦しむナミをお医者さんに診せる為、進路を変更して冬島・ドラム王国に立ち寄る麦わら海賊団。
しかし、その国にお医者さんはただ一人。
交通手段も連絡手段もない雪深い山の塔のお城に住むドクターくれはに診て貰う為、ナミを背負ってサンジさんと共にお城へ向うルフィはそこで青っ鼻のトナカイとの運命の出会いを果たすのであ~る(涙

チョッパーの過去話はワンピースの数あるエピソードの中でもかなりいいお話ですからね~。
号泣間違いのない、私も大好きなお話です!

ジャンプで読んで、コミックで読んで、TVで見て、何回も見て知ってる内容なのにその度に何回も泣けるんです~
隣のお姉さん(二十歳位?)もほぼ同じシーンで号泣、あまりに泣き過ぎて途中バックからティッシュを取り出しておられました~(笑

映画用のキャラとしてワポルのお兄さん「ムッシュール」の声をみのもんたさんが演ってらっしゃいましたが、とっても自然でテロップ見るまで気付きませんでした!

ラストの桜のシーンがとっても綺麗で、ドリカムの「またね」も映画にあってて良かったですよ~

と、ここまでがいい感想(笑



今回もモヤッとシーンが無かったかと言えばそうでもなく・・・

まず、毎回の事ながら映画のワンピースって盛り上がってないシーンの絵が適当?
劇場では大画面で皆さん見てるんだから、些細なシーンでも手抜きは困るよ~(笑

そして、チョッパーが仲間になるこの大事なエピソードに何故かロビンとフランキーが!?
だからなのか、メリーじゃなくてサニーだし!?
(なので、ビビの出番はなしです)

映画チラシの裏面、尾田っちのコメントには
「~略~ あえて時系列に逆らいながら、一本の映画として楽しんでもらう。
前進を望むファンにはこれしかない!? 」
ってありますが・・・・・・・

えええ~~~っ!
本当にそれでいいの~

チョッパーがロビンやフランキーの後ってど~よ!
そもそもこの航海って、アラバスタでの内乱の為ビビが一刻も早く国に帰らなければならない!
ってのがあったからこそ、ナミはアレだけ出発を急いだんじゃないの~

それと、今回の映画でルフィがギアチェンジ、セカンドとサードを行ってるんですね~。
そんなのしなければいけないほど強い敵じゃないんじゃないの~?
で、ここでもセカンドとサードがファーストを遡っている~!?
映画版ワンピース、何所へ向っているの~!!!

最後に小さい不満をちょっと・・・。
ゾロの冬服(敵兵から奪ったものだけど)好きだったのに~、ゾロ殆ど出番なし~
ルフィも普通に赤いダウンじゃなくて、3倍返しのナミのチェックのコートが似合ってて可愛かったのに~



などなど、ちょっぴり不満も爆発でしたが(笑)、全体的にはとても素敵なチョッパー編でした。
来春の映画も、もう決まっているようなので今から楽しみです~\(^o^)/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。