スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

曽根崎心中

2008年10月27日 10:20

http://www.arte-y-solera.com/sonezaki/index.html
恒例(笑)の遅レポです。

もうチケットも取ってあるから~♪
先月の頭、鯛ママに誘われて『曽根崎心中』を観に行って来ました。
いつもなら少し予習したりするのだけれど、
公演日まで日も無かったのでお勉強なしで観に行くことにしました。


さてここで、皆さんは曽根崎心中のお話を知っていますか?
曽根崎で実際に起こった心中事件をもとにした近松門左衛門の代表作らしいですね(*´∇`*)♪

大阪の曽根崎に醤油屋で働く徳兵衛(25)と天満屋の遊女・お初(21)という恋人同士がおりました。
将来を誓い合っていた二人でしたが、商売熱心な徳兵衛を店の主人は姪と結婚させたいと思っていたようです。
徳兵衛は縁談を断りますが、主人は徳兵衛の知らないうちに継母に大金を渡して結納を済ませようとしてしまいます。
それでも断り続ける徳兵衛に主人が怒って7日以内にお金を返すようにせまります。
何とか継母からお金を返して貰った徳兵衛なのに、帰り道お金を貸して欲しいと懇願する友人・九平次にお金を貸してしまうのです。
結局お金は返してもらえず、更に徳兵衛がお店のお金を使い込んでいると吹聴され、信用をなくし絶望した徳兵衛はお初に会いに天満屋へ行きました。
二人はどうせこの世で結ばれないならせめてあの世で結ばれたいと曽根崎の森で心中するのです。

っと、簡単なあらすじはこんな感じです。


舞台だと思って観ていたのに、歌にあわせて出てきた人が踊りだすのでちょっとビックリ!
暗い(黒い)ステージの上を鮮やかな衣装をまとった女の人がゆっくりと舞う、
フラメンコで表現する曽根崎心中でした。
台詞は無く、ストーリーはフラメンコの歌にのせて全編日本語です。
これはフラメンコの世界ではとても珍しいことなんだそうです。

今回席がかなり前のほうだったので、徳兵衛役の男の人が飛び散らせる汗が最前列のお客さんまで確実に飛んでいるな~とか、お初役の女の人の体があり得んくらい反るな~(超イナバウアーです)とかいろいろ堪能させて貰いました(笑)
特にセットと衣装がとても綺麗で、着物のようなフラメンコの衣装って「あり」なんだな~と見とれていたらアッと言う間に終わっちゃいました。

最後に宇崎竜童さんが出てこられて1曲歌われたときは会場も大盛り上がりでした!



ところで私は曽根崎心中と言えば人形浄瑠璃のイメージが強く、前々から一度は観にいってみたいと思っていました。
でも原作のお話自体は河下水希さんの漫画でしか読んだことが無かったのです。

実際は21歳のお初っちゃん。
漫画ではかなり幼く見えて勝手に16~17かと思っていました。
(漫画のお初ちゃんはまだ最初のお客さんもとってない設定だったし)
徳さんの方が21~22くらいだと思っていたのです。
なのでお初っちゃんが思っていたより老けてる・・・(;´Д`)
お化粧のせいもあるのでしょうが、お初ちゃん姉さん女房にしか見えません・・・。
(お初役の方ゴメンナサイ(>_<))

あと、漫画では九平次は悪い人じゃなくて遊び人風色男。
徳平衛、お初とは幼馴染で、同じく幼馴染の醤油屋の姪が好きなんです。
お話の最後も徳兵衛とお初は心中したフリをして逃げる~とハッピーエンドで、九平次と姪はそれを手助けするんです。
『最後はハッピーエンドだもんね♪』
気楽に見ていた私は本当に心中しちゃって相当ビックリしました。

あこ:「最後、二人は心中したフリをして逃げるんだと思ってたんです~。
    そしてハッピーエンド(みたいな?・笑)」


鯛まま:「あら!曽根崎心中だから心中して終わらなきゃ~。」

あこ:「・・・そうですよね。そうじゃなかったら、曽根崎心中未遂ですもんね・・・」

と私の馬鹿っぷりが露見してしまった帰り道感想会でした~(;´Д`)


河下さんはラブコメとのことであえて悪人が居なくて、ラストはハッピーエンドにと描かれたんですね~。
表紙の裏の対談コーナーにちゃんと書いてありましたよ~。
私は河下さんのハッピーエンドラストのほうが好きですが、ちゃんと原作をふまえた上で、ですよね。


ビックリがたくさんあってとても楽しい時間を過ごせました。
鯛ママにはありがとうございます!と、またよろしくお願いします~♪(* ̄ω ̄)v ウフ
スポンサーサイト

空中ブランコ

2008年06月05日 23:10

20080605 空中ブランコ

相変わらずの遅レポですが、「空中ブランコ」行って来ました!
先月の空中ブランコはこの為の予習だったのです~(=´∇`=)


皆様はこう言う時、予習する派?それとも、しない派?
私は見てわかる通り「なるべく する派」。

実は、前に一度、四季の「エビータ」を観に行ったときよくわからなかったんです。
ちょうどそのちょっと前に、やはり四季のエビータを一緒に見に行った友人と映画の「エビータ」を観に行ってたんで、何とか少しは理解できた感じでした。
映画の方は主人公役をマドンナがやってて、とても面白かったんです!
そのとき友人と、
「映画観に行ってよかったよね~。もし行ってなかったらもっと全然わかんなかったと思うよ~(´Д`;) 」
ってなことがあってから、出来る限り予習するようになりました。

今回の「空中ブランコ」は予習しなくても全然OK!
充分にそれだけで楽しめる作りになっていたと思います。


あらすじは前回の「空中ブランコブログ」を見ていただくことにして・・・。
飛べない空中ブランコ乗りには坂元健児さんが。
「いらっしゃーい」なハチャメチャ医師には雨上がり・宮迫博之さんが。
ナイスバディな露出狂看護師には佐藤江梨子さんが。

サーカスのシーンから始まって伊良部総合病院のシーンに変わったときには、伊良部先生が出てくるだけで大爆笑(笑)
迫っちファンの私も大興奮(笑)
持って行った双眼鏡で嬉々としてお顔を確認してました(*´∇`*)♪

超巨漢の設定の伊良部先生を迫っちがやるなんて・・・と思ってましたが、あの独特さが妙にマッチしてて・・・(笑)
それに迫っち、ちょっとプヨッてなってました。
双眼鏡で見てるから、もの凄よく見えるんですね~(笑)
サトエリこと佐藤江梨子さんは、超綺麗でした~(*´艸`*)
特に足がもう、もう、もう、な~んて綺麗!
芸能人って足がただ細いんじゃなくて、形も綺麗なんだな~と、拝みたい位でしたよ~(笑)

キューティーハニーの実写版でも活躍されたサトエリさん!
あの時のコスチュームもそうだけど、
「こんな服、実写で着こなせる人間なんておらんわ~ヽ(≧Д≦)ノ」
って思うような服(てか、コスチューム)も彼女はサラリと着こなしてらっしゃいますからね~(*´艸`*)

他にも高橋由美子さん尾藤イサオさん酒井敏也さんなどTVでお見かけするかたもいらっしゃって、普段芸能人なんて見ることの全くない私たち、かなり興奮状態だったと思います

なかでも坂元健児さんの幼馴染役で出ておられる小林高鹿さんがどうやら少し前の昼ドラ「安宅家の人々」のジョージじゃないかって気付いて、休憩中には「ジョージ? あの人ジョージだよね? やっぱ、ジョージだよね??」と変なところで盛り上がったり(笑)

途中、客席の方から出てこられた吉田メタルさんには「回り中敵だらけだ」って言わせてしまって・・・。
ノリが悪くてスミマセン(>_<)
富山県民はシャイなんで許して欲しいです~。

舞台用になのかお話の内容は若干違ってましたが、空中ブランコの世界観は充分に楽しめました。
フライヤーの苦悩を表した(?)、気ぐるみの方がたくさん出てきて歌って踊る所が特に印象的で、可愛いのか、恐いのか、なブラックメルヘンさが笑い&狂気の世界へ誘ってくれますのだ~。


最後、カーテンコールの時には挨拶(って言うのかな?)を迫っちがしてくれて、
「私は富山が好きで、富山にはよく来ます。 ・・・とは言っても2~3回なんですけど・・・」
全然よく来てないじゃんっ(笑)
てな感じで開場中の皆を最後まで笑わせてくれました~\(^o^)/

とっても楽しかった舞台「空中ブランコ」との出会いに感謝です~♪


『空中ブランコ 旅日記〈富山編〉』が見れます!
http://dogatch.jp/blog/bulanko/2008/05/post_39/
[空中ブランコ]の続きを読む

歌わせたい男たち

2008年04月07日 23:10

20080407 歌わせたい男たち

先月の終りに鯛ママと二兎社公演「歌わせたい男たち」を観に行ってきました。

17:30開場だったので、てっきり18時開演だと思い込んでいた私。
チケットをよ~く見ると開演が18:30なので、なんでこんなに時間を取ってあるんだろう~?
と思っていたら、そう言えば今回の公演はいつもと違うんだった!

「ステージ・オン・ステージ」と言う、舞台の上に仮説舞台と仮説客席を設ける形で、入場口がいつもの場所とは違うんです。
普段荷物を運ぶ搬入口のような所が入場口の為、迷った人の混雑を避けるために間1時間も開けてあったんですね~。
いつもは上がることのない舞台の上の客席!どんなんだろう~と最初はワクワクしていましたが、実際はグレーチング(工事現場の足場)のようなものの上に仮説の椅子が並べられ、階段もミシミシと恐いし・・・。
観る前からお尻と腰がアイタタタ・・・(>_<)ですよ~(泣)


とある学校の卒業式の朝。
舞台は保健室。
式まではあと2時間と言ったところ。
お芝居は現実の時間通りに進んでいきます。

「失敗は許されない!」
この日の為にと、雇われたばかりの音楽講師の緊張が高まる中、
「国歌は歌えない!」
と、不起立を宣言する社会科教師。
「歌いましょう!(願)」
「歌いましょう!(願)」
「歌いましょう~!(泣)」
と懇願する、校長先生。

果たして無事に卒業式を終えることが出来たのでしょうか~(笑)

とっても面白かったです~\(^o^)/
重いテーマなのに殆ど笑いっぱなしでした(笑)
テンポよく進むので、2時間弱もあっと言う間に過ぎました。
欲を言うなら普通の座席の方が良かったな~。
面白くなかったらお尻が痛くて最後まで見れなかったかも~(*`・ω・´)

殆ど出ずっぱりの戸田さんは小さくて細くてとっても綺麗でした。
そして、やっぱり歌が上手~い(*´∇`*)

私が学生の頃は国歌は起立で歌うのが当たり前。
国歌を起立して歌うことを深く考えたことなんてありませんでした。
しかし、今はそうじゃないんですね~。
観終わった後、ちょっと考えちゃいました。

国歌の意味、国歌を歌う意味、考えたことありますか~?

http://nitosha.eplus2.jp/
[歌わせたい男たち]の続きを読む

さかなのうた 

2008年03月19日 13:00

東京工芸大学の学生さんが卒業制作として全て一人で作られたそうですが・・・、



http://zoome.jp/inuo/diary/2/

詞も曲も歌声もアニメーションも、そして全てが一体になったこの世界観が、、、
とても とても とても 素敵なのです。

そばにいるよ ・ 青山テルマ

2008年03月10日 00:00

青山テルマさんの 『そばにいるね』
先月買い物に行った先の有線で聞いて一聞惚れです。

歌詞よりも囁くような彼女の歌声にメロメロ(笑)



ドコモのCMにも起用されているこの曲。
新生活への不安と期待がギュッと濃縮されていて何とも言えない~(>_<)
(男の子バージョンも好きです♡)

START! DoCoMoキャンペーン「高校生のはじまり」篇

CM終りに入るナレーションの
ドコモ・・・」 と、
ちょうどそのバックで流れている歌詞の、
どこも行かずに~♪」

え?これってワザとなの?(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。