スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋祭り

2006年11月02日 20:20

先日のハロウィン記事に続いて、今日は私の地元の秋祭りのお話です。



先週末は私の地元の秋祭りでした。
お祭りとは言っても、あまり華やかな催し物もなく数年に一度だけ自分の村に獅子舞が来るくらいのことです。

何故数年に一度なのか?
若者の数が少ないからなのか、毎年するのは大変だからなのか、近隣の村は班を組んで毎年その中の一つの村にだけ御獅子が回るのです。

私の村は5年に一度で、今年は当り村ではないのですが、この当り村以外に御獅子が回る家があります。
お祝いがあった家ですね。(結婚・出産・新築など)
これらの家々では「花をうつ」と言ってご祝儀を渡すのです。


私の家から近いところに今年結婚した女の子がいました。
私の幼馴染の女の子がお婿さんを貰ったのです。
母が「○○ちゃんの家の獅子舞見に行こう」と言いだしました。
御獅子が来ない家にとっては親戚などを呼んでご馳走を食べること位しかすることが無いので、当たり年以外に獅子が来るときにはこうやって近所の人が獅子舞を見に来るんですね。
幼馴染の女の子に会うのは中学校卒業以来です。
顔、わかるかな? なんて少し不安になりながらも母と見に行きましたよ~。


御獅子が来る予定時間と言うのは大体決まっているはずなのですが、実際は毎年予定時間より遅れてくることになります。
夜はすっかり寒いので時間通りに行って寒い中待つのも嫌だし弟に電話して聞いてみることにしました。
この獅子舞やお囃子をしているのは大体が村の青年団で構成されており、弟は30代にして未だに村の青年団なのですよ。(若者不足ですね)
例外に無く今年も30分は遅れるとのこと。
私達は予定時間の30分後に防寒対策をして出発しました。


幼馴染の家には既に近所の人が集まって人だかりが出来ていました。
お祭りの実行部隊も既に到着している様子です。

最初はこの実行部隊の方々におもてなしのお料理等を出し、その後獅子舞が始まります。
各々勝手に庭木の中に進入していた私達や近所の方にもビールやおつまみ、豚汁などが振舞われます。
そうやって暖を取りながらお祭りの様子を見守るわけですね。
開け放されたお座敷と玄関(その子の家は玄関が6畳ほどあるんです)には親戚一同が並んでその中に幼馴染が着物姿で子供を抱いているのを見つけました。
(何年も会って無くてもわかるもんですね~。とても幸せそうでした)
横に座っておられるのはどうやらご主人のようです。

一通りの獅子舞が終わると目録を読み最後にご主人が庭に引っ張り出され何倍ものバケツの水をかけられるのです。
「花をうつ」ことによって近所の方に新しく来たお嫁さん(今回はお婿さん)を披露し、これで村の一員になったよと言う儀式なんでしょう。



今まであんまり感心の無かった秋祭りですが、最近妙に懐かしく感じます。
もともと私の実家の辺ではお祭りと名の付くものは男性だけで構成されており女性は見るだけで参加は出来ないんですよね。
昔は秋祭りとなると何をおいても優先させなければならない弟がちょっと気の毒でしたが(青年団は毎年参加ですからね)、今になって女性が参加できないのは寂しいと感じてみたり。
なんて、今更都合いいですよね(笑
弟は格別楽しそうにも嫌そうにもやってませんが、小学生から今まで毎年やっているわけですから頭が下がります。
履歴書の特技の欄に「祭囃子の笛」って書いてもいいんじゃないかと思うくらい(笑



我が家では弟の結婚話がチラホラ出ています。
母が獅子舞を見に行ったのには来年の参考にする意味もあったのかもしれません。
もし、来年の秋祭り前までに結婚すれば今度は弟が水をかけられるわけですね。
私もまかないに呼ばれて大変でしょう。
主役ではないしろ、今度は私達が庭木の陰から不特定多数の人に見られるわけです。
お嫁さんじゃないので着物は着なくていいのですが、せいぜい近所の人に
「あら、あこちゃん太ったわね。」とか
「暫く見ない間に、あこちゃん老けたわね~」
とか言われないように来年までに励みたいものです。

結局そこかよっ!って感じですが、結局そこです(爆
女の子はいくつになっても、ちょっとでも若く素敵に見られたいものなのですよ~ん。




スポンサーサイト

コメント

  1. 綾乃 | URL | -

    盛大

    ずいぶん盛大なお祭なのね。
    昔からの事が引き継がれるのはよいですわん。
    でも、どこでも人手不足なのよね(笑)

    来年、あこちゃんが新妻と間違えられます様にv-344

  2. ぱろこ | URL | tqw3yfsM

    へぇ~

    なんて素敵なお祭りなんでしょ!^^
    こういう風習は無くなって欲しくないですね。

    獅子舞は1度も見た事ないわん。
    なまはげだったら何度かあるんだけど。

    しかし五年に1度なんて~。絶対何か意味があるのよ。

    来年に向けてがんばってぇ~♪

  3. まわる牛 | URL | -

    男の人がお水をかけられるんですか!

    弟さん、エライですねー。小学生の時から続いてるというのがすごいです。
    来年の秋祭りのためにも自分磨き頑張って下さい♪

  4. ビバ! | URL | -

    いいですね。

    そういう行事は、ずっと残しておきたいですね。
    小さい時はあんまり深く考えなかった事が、大人になってから、妙に懐かしく、意味深いものに思えたりします。
    うちの実家の辺は、そういうのがなくて寂しいですよ。
    獅子舞は・・・今住んでる前に住んでる大家さんが、地主でお偉いさんか、個人の趣味なのか・・・個人的にお正月に家に呼んでるようで・・・ラッキーだと見れるのです。

    ※あこちゃん、お酒のTBチャレンジして~~♪♪

  5. のあ | URL | -

    わぁ~寒そう~

    バ・バケツの水をかけられるんですか~?
    寒そうですね~。
    でも、こうゆうその土地ならではのお祭りは、離れてみるといいもんだな~って思うようになりますね。
    私の実家の地域のお祭りは、私が若い頃は男性だけだったのに、時代が変わったのか女の子も同じ様に騒いでますよ。それも仕方ないことだけど、慣わしをず~っと大事にする事も、いいなぁ~って思います。
    来年は「あこちゃん、年々若くなるね」って、言われるかも・・・

  6. のあ | URL | -

    ↑書き忘れ・・

    王冠は気が付きませんでした~。
    素敵ね。
    テンプレートもいい雰囲気ですね~。

  7. くま | URL | -

    盛大ですね~!

    私も子供の頃、何度か獅子舞を見たことがありますが、こんなに盛大にはやってなかったような…。
    大変なんでしょうけど、あこちゃんの「参加したい」気持ち、分かりますよ~。素晴らしいことですね!i-228

    女の子の「いつまでも可愛くありたい気持ち」私は忘れがちかも…なんで、気を付けなくっちゃ!です。i-229 v-285

  8. 社員1号 | URL | X86N/.ag

    獅子舞!一度かまれましたが、ちょっと痛かったです(ムホ

    私は神戸にいた頃のお祭りといえばだんじりを思い浮かべますが、音がでかすぎでビビッてた記憶が(ウホ

  9. kotomi | URL | 7RorUgFk

    へぇ~

    バケツに水とは。。すごいお祭りですね。
    でもこれで すぐに村の有名人になれて
    仲良くなるには もってこいの行事ですね。

    私も太郎が中学生のときに
    実家に帰ったとき
    太郎のことを「ご主人?」って言われたことが
    あって。。(笑)

    後ろ姿だけしか見てなかったから
    おばさんは勘違いしたみたい。。

    来年は弟さん結婚かな?楽しみですね!

  10. ケロ子 | URL | -

    受け継がれる行事

    こういう伝統行事って大事にしていきたいですよね。
    近所にも獅子舞を上演するお寺がありますよ。
    私は元々の地元では、ありませんが、なんかこう・・・
    血が騒ぐっていうのかなぁ。そわそわしちゃいます。

  11. *あこ* | URL | muuxaJuM

    綾乃さんへ

    家の辺のお祭りは地味な方ですよ。
    御神輿も出ないし喧嘩祭りのような見所もないしですね。
    村は本当に人手不足なんですよ。
    出て行った人はあんまり戻らないしね。

    新妻は無理としても年相応に見えるようにはお願いしたいですわん(汗

  12. *あこ* | URL | muuxaJuM

    ぱろこさんへ

    華やかなお祭りではないんだけど、私には馴染み深いと言うか小さい頃からの親しんだお祭りなんです。

    ぱろこさんは「生なまはげ」見たことあるんですか!
    いいな~。
    我が家では悪いことすると
    「悪い子はいねが~」と言いながら相手にお仕置きすることがあります。
    もしかして、罰当り!! すみませ~ん。

  13. *あこ* | URL | muuxaJuM

    まわる牛さんへ

    水を掛けられるのは男の人だけなんですよ。
    秋の夜に水を掛けられるなんて、女の人に冷えは大敵ですからね。

    弟は小さい頃から地域密着型の人間なんで自分の運命を甘んじて受けているようです。(笑

    近所の人に後ろ指刺されないくらいには頑張りたいと思っているのですが、一年ってあっと言う間だからな~。

  14. *あこ* | URL | muuxaJuM

    ビバ!ちゃんへ

    >小さい時はあんまり深く考えなかった事が、大人になってから、妙に懐かしく、意味深いものに思えたりします。
    私も最近ビバ!ちゃんのように感じることが多いです。
    結婚してから多くなったような気がするから、自分が他所の人になったのが寂しいのかな~。
    自分が持ってるときには煩わしいのに、手放したとたんに恋しくなるなんて…。
    あ~、私って。ですわん。
    獅子舞、個人で呼ぶなんて凄いですね。
    お正月に福を分けて貰えるようでいいですね。

    ※TB再チャレンジしました。ありがとうございます。

  15. *あこ* | URL | muuxaJuM

    のあさんへ

    そうなんです!!
    夜は冷えるこの時期に水を何杯も掛けられるなんて、男の人は大変です(他人事。酷っ
    離れてみるまでいいもんだって気付かない所が「あちゃ~」ですね。
    >来年は「あこちゃん、年々若くなるね」って、言われるかも・・・
    のあさん、ありがとうございます。
    でも実際は…。取り合えず、服装とダイエットからはじめてみま~す(焦

    カクテルの王冠「フルーツバスケット」のようで可愛いでしょ。
    のあさんまだマンゴーお家にあったら見てみてくださいね。

  16. *あこ* | URL | muuxaJuM

    くまちゃんへ

    小学生の頃はお祭りの日は神社に屋台が並んで飴やクジを買うのが凄く楽しみでした。
    中学生の頃からお祭りはだんだん興味の無いものになっていったのですが、20代後半頃から他の土地のお祭りを見るようになって皆で参加しているのが羨ましく思うようになりました。
    結婚して他所の人になったら自分の親しんだお祭りが実は結構好きだったことに気付き…。
    私、何事も気付くの遅いんですよね~。

    くまちゃんのブログを読ませてもらっていると、文章や旦那さんの言葉などから現在のくまちゃんが充分可愛い女の子なことが伝わってきますよ。
    私は一年掛けてなんとなくでもちゃんと見えるように頑張ります♪

  17. *あこ* | URL | muuxaJuM

    社員1号さんへ

    社員1号さん、御獅子に噛まれたことあるんですか!!
    ちょっと羨ましい気もしますが、その御獅子は予防接種済みだったでしょうか?(笑

    だんじり祭りもTVなどで有名ですよね。
    一度は生で見てみたいものです。
    社員1号さんは参加組で?

  18. *あこ* | URL | muuxaJuM

    kotomiさんへ

    お水を掛けるのはお祝い事のあった家だけなので、お水を掛ける若い衆も楽しみのようですよ。
    そりゃ~もう、嬉しそうに何杯も掛けてますからね。

    太郎君がご主人と間違えられたなんて、柔道もやっておられて逞しく見えたのかな?
    太郎君の反応はどうでした~?(気になるっ!

    自分の結婚も遅かったくせに、弟がちゃんと結婚できるか気になって仕方ない困った姉です(笑

  19. *あこ* | URL | muuxaJuM

    ケロ子さんへ

    気付いてなかったけど、何年も続くって凄いことなんですよね。
    でも村はやっぱり若い人が少なくって。
    弟も一体いつまで青年団なのか不思議です。

    ケロ子さんは獅子舞見に行かれたりするんですか?
    お囃子聞いて、獅子舞見ると血が騒ぐ気持ちわかります。
    妙にそわそわするんですよね~(笑

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akohappy.blog65.fc2.com/tb.php/194-88c7801a
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。