スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「精霊の守人」 / 上橋菜穂子、 「僕僕先生」 / 仁木英之

2007年09月04日 20:30

精霊の守り人 (新潮文庫 う 18-2)精霊の守り人 (新潮文庫 う 18-2)
(2007/03)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る


満天さんのブログで紹介されていた「精霊の守り人(作:上橋菜穂子)」読みました!!

「3時間で、一気に読んでしまいました~」と満天さんも言われる通り、本当に一気に読んでしまいましたよ~。

図書館で借りようと予約したら守り人の待ち人が意外に多く、それでもやっと回ってきた順番で運悪く他の予約図書と重なっちゃったんですね~。
そしたら、読み始める前に返却期限になってしまって…。
結局、文庫で買いました!!
ちょうど、新潮文庫の100冊に選ばれていたので、2冊買えばブックカバーが貰えますからね~♪(´▽`)

詳しいお話は満天さんのレビューに作品の魅力満載で書かれてますので、ここでは私の特に感じた感想のみを書かせて頂きます。

今年30歳になる腕の立つ女用心棒バルサが新ヨゴ王国の第二皇子チャグムの護衛を兼ねてチャグム皇子に取り憑いているものの正体を探る~とのお話なのですが、

何だかやたらとバルサが30歳と言うこととを強調しているよ~な(笑
文庫の始まりにも「バルサは今年30。(中略)すでに小じわが見える」と。

ちょうど今、ヤフーの無料動画で第4話までみることができるのですが、そちらの方でもバルサ自身が「もう若くないよ。今年で30だ」と言っています。

動画で見る限り、想像よりもバルサは綺麗だったし、タンダはかっこよかったよ~(笑
Yahoo動画→http://streaming.yahoo.co.jp/c/t/00031/v02347/v0234700000000384396/

あとは、チャグムをどうしてもチャングムと呼んでしまいます。
宮廷女官「チャングムの誓い」の見過ぎでしょうね~(笑

最後、チャグムが運命に翻弄されながらも自らその運命を受け入れようとするところが(゚ーÅ)ホロリポイントでした~。
チャグム、強くなったね~。おばさん(私)は嬉しいよ~。

内容と関係の無いしょ~もない感想ばかり述べてしまいましたが、勿論物語に充分満足しているうえでのあえてのツッコミと思って下さい。
このお話はシリーズでまだまだ続いているのですね。
続きも気になる所ですが、新潮文庫ではこの「精霊の守り人」と「闇の守り人」しか出ていないようですね~。

この「精霊の守り人」の文庫を買ってから後悔したことが一つ。

本屋さんに行った折、文庫ではない守り人シリーズが平積みしてあるのを見つけたのです。
すると、そちらの方が表紙が素敵なんです。これは個人の好みかと思いますが、表紙が素敵かどうかと言うことは私にとっては結構重要なことでして…。
しかし、作者の上橋菜穂子さんの文庫化へのお話を読むと文庫版はこれまで児童書などを手に取ることがなかったような読者にも読んで欲しいとの思いからなのだそうですが、そのため漢字表記が多く作ってあるらしいのです。

精霊の守り人 (軽装版偕成社ポッシュ)精霊の守り人 (軽装版偕成社ポッシュ)
(2006/11)
二木 真希子、上橋 菜穂子 他

商品詳細を見る


精霊の守り人 (偕成社ワンダーランド)精霊の守り人 (偕成社ワンダーランド)
(1996/07)
二木 真希子、上橋 菜穂子 他

商品詳細を見る


読むには漢字表記が多い方が読みやすいけど、表紙は別の方が好きだしな~、と。
しかし、素敵な表紙の方は値段もお高いのですよね~。
幸いまだ最初の1冊のみを購入なので、このあとどちらで購入するか悩むところです。
(私の悩み事なんてこんなもんです・笑)

精霊の守り人文庫化について
http://www.ne.jp/asahi/yumi/koubou/moribito/uehasi_bunko.html





もう一つは「僕僕先生(作:仁木英之)」です。

僕僕先生僕僕先生
(2006/11/21)
仁木 英之

商品詳細を見る


これも前回の返却期限までに読み始めることができず、図書館で予約すること2回目でした。

ジャンルは中国ファンタジーでしょうか。

まあまあの家柄で、まあまあの役職についていた父のもと、自分は日々の移ろいのみを気に留めるようなダラダラ生活をしていた主人公・王弁。
ある日父から黄土山に住むと言われる仙人に供物を持って行くようにいい使うのです。
そこで出会った少女に見えるその人が黄土山の仙人でした。
僕僕と名乗るその少女仙人のもとになんやかやと通うハメになる王弁。
いつしか王弁は僕僕に淡い恋心を抱いていくのです。
何千何万年も生きている少女に見えるその仙人に・・・。

勉強もせず、働きもせず、父のお小言が過ぎるのを台風をやり過ごすように右から左へ~♪(byムーディー)。
毎日ただ何となく過ごしていた青年が、ある日心を動かす存在・僕僕に出会い旅をすることによってだんだん生き生きとしていくのがいいですね~。

王弁はこの美しい少女仙人を好きになるのですが、相手は仙人、心の中が読めるのです。
「好きになる→触れてみたい」な~んてことも勿論読まれていて、それを真顔で「そう思うことは自然なことだ」みたいに言われたら、それ以上何もできませんよね~。
その上、普段は少女のようでも時には白髪・白髭の老人のような形を取るときもあるのですから、王弁としては今いち躊躇してしまうのでしょう。
この二人のじれったいまでのやりとりが何とももどかしくて、それでいて甘酸っぱいようなお話でした~。

時には危険な場所に行ったり、死にそうな目にあったりとの大冒険もあるのですが、物語がほのぼのしているので危険な場面でもあんまり心配せずほのぼの読めました。

こちらの(゚ーÅ)ホロリポイントもラストで王弁がすっかり立派になって僕僕先生との別れを正面から受け止めようとする所です。

どちらも若者(とは言え、双方にはかなりの年の差がありますが)の成長物語でもあったんですね~。

ある方の書評で「ニート青年とツンデレ美少女の恋」ってありましたが、このフレーズ上手いと思います!!
ちょっと物足りなく感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、私はとても楽しく読めました。

文庫になったら購入したいですね~。
スポンサーサイト

コメント

  1. くま | URL | -

    Re: 精霊の守人・僕僕先生

    お~~!!あこちゃんも「精霊の守り人」読まれたんですね~!i-237
    アッシも上橋さん大好きで、結構沢山読んでるダス~i-236
    バルサがカッコイイんですよね~…i-233
    チャグムもこの後どんどん成長ぶりを物語の中で見せてくれますし、このシリーズはホント、アッシもお薦めですヨ~!i-234
    あこちゃんが好きになられた、ハードカバー版の挿絵は「二木真希子」さんですね。
    ジブリの原画担当もされている方だそうです。
    ホントにこの物語の雰囲気にピッタリな素敵な挿絵ですよね~i-228

    それから「僕僕先生」って初めて知りましたけど、面白そうですね~!i-189
    主人公、王弁の視点から読むのもですが、外見は少女でありながら何千何万もの月日を生きている…きっとそれゆえの孤独も背負っているであろう「僕僕先生」の視点から物語を読んでみるのも、とっても興味があって面白そうです。i-233

    ウムムム…またまた泡泡…ですな(笑)v-285

  2. 満天 | URL | -

    Re: 精霊の守人・僕僕先生

    えええええ~~~~
    そうなの?こんな素敵な装丁本もあるの?
    これは知らなんだ~~~~私も・・コッチが良いな~(アハハハハハ)
    ねぇ~面白かったでしょう(笑)私も「チャングム」と読んでました(ガハハハハ)
    やっぱりズーっと見てましたから(笑)
    30歳なんて、まだまだ若いと思うが・・・苦労しているからシワも出来てるのかの?
    っと思って読んでおりやした~(ハハハハ)
    「僕僕先生」も面白そう~これも探して読んでみます~

    今度こそメールが届きますように~~前のメールにも今回のも住所とか入れちゃったが・・・
    届くのであろうか?確かにメルアドが変わってますもんね~

  3. あこ | URL | I2ccFs9I

    くまちゃんへ

    こんばんは、コメントありがとです~。

    はい~。面白かったです!!
    くまちゃんのブログでもかなり前にこのお話がTVでやってるって紹介されてましたよね!
    あの時は私の方では入らなかったらしく見れなかったのですが、今回物語りの最初だけでもヤフー動画で見れたのでアニメの雰囲気だけでも味わうことができました。
    アニメは原作とはちょっと違った感じなんですね~。
    オリジナルなストーリーとかもこの後ドンドン増えてくるのでしょうか?
    私が好きになったのは茶色の表紙の方ですが、白い方もなかなか素敵な絵ですね。
    しかし、私の好き度とお値段の高い度が比例してるのですよ~(泣
    やはり茶色の方は豪華な装丁なのでしょう。

    僕僕先生はまた全然ちがったテイストで面白かったです。
    おお~。流石くまちゃん!!本を読む前から僕僕の苦悩を読み取るなんて、凄いです~。
    後半は甘甘で読んでるほうが照れちゃいますよ~。

    くまちゃん、泡泡にまみれるのだ~。

  4. あこ | URL | I2ccFs9I

    満天さんへ

    こんばんは、コメントありがとうございます~。

    メールの件ではご迷惑おかけして済みませんでした!!
    本日ちゃんと届きました。
    ありがとうございます~。ぺこりっ。

    満天さんに教えて貰ったこの本、面白かったです!!
    ちょっとだけ出てきたバルサの周りの人々のお話など、この後の本で少しずつわかっていくのでしょうか?
    かなりたくさん出てるみたいなので、少しずつ読みそろえるのもまた楽しみです♪
    装丁が豪華な本は素敵だけど、お値段も張るのです~。
    お財布と相談してどれにするか決めることにします。

    僕僕先生は日本ファンタジー大賞受賞なのですが、これは読んでから知りました。
    私の中でのファンタジーとはちょっと違ってましたが、作品自体は好みでとても気に入りましたよ。
    機会があったら読んでみてくださいね~。

  5. ココア | URL | -

    Re: 精霊の守人・僕僕先生

    どちらも初めて知ったけど、面白そうですね!!
    それに、チャグムは、私もチャングムって、
    思ちゃった(^0^)
    今度、本屋さん行ったら、買ってこよう♪

  6. あこ | URL | I2ccFs9I

    ココアさんへ

    こんばんは、コメントありがとうございます。

    ココアさんもチャングムって思いましたか~?
    もしかして、チャングムの誓い見てました~(笑
    あれも毎回毎回ハラハラさせてくれるお話でしたよね~。
    精霊の守り人は満天さんに教えて貰ったんですよ。
    この前はココアさんにも面白そうなの教えてもらったし、ブログでいろいろ教えてもらえるので自分では読みそうに無かったジャンルの素敵な作品に出会えて嬉しいのです♪
    ココアさんしばらくは激しい運動はダメなので今年は読書の秋三昧ですよ~!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akohappy.blog65.fc2.com/tb.php/259-afa17535
この記事へのトラックバック

精霊の守り人(作:上橋菜穂子)

いや~久々に… 「3時間で、一気に読んでしまいました~」 今年30歳になる腕の立つ「女用心棒バルサ」は 新ヨゴ皇国の二ノ妃の皇子チャグムが川で溺れた所を助ける ただの事故を未然に防いだだけっと思っていたが 皇子チャグムには秘密があった 10歳前後の皇子には、?...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。